歯磨きはエチケットの基本。においに気づかないのは自分だけかも

朝起きて、朝食を済ませた後、準備をして仕事に行く。ごくごく普通の行動です。そして、その準備の中で歯磨きをするということも、ごくごく普通の行動です。

歯磨きは、なぜしなくてはいけないのか。虫歯の予防、それもありますが、私は口臭のために行っています。

他人としゃべっている時、特に中高年齢の男性に多いような気がしますが、「ここまでにおっているのに、本人は気づいていないのか?」というほど、口臭がにおう人がいます。

いい反面教師です。自分がやられて嫌なことは、他人も嫌なはずです。口臭は自分では気づきにくいものなのかもしれません。私は、タバコ、コーヒー、アルコール。全て嗜みますし、これらが、口臭に影響するということも知っています。

だからこそ、歯磨きにより、口内環境をリセットした上でないと、人と話すなんてことはできません。例え休日であろうと、他人と会う約束がなくても、毎日の歯磨きは欠かせない、私の最低限のエチケットになっています。